八丈島 地磯プラッキングで巨大ヒラマサ21.6kg! ロックショアからモンスター現る!

スポンサーリンク
シケ続きの2月から一転、3月初日は穏やかな天候に。釣れそうな予感…

シケ続きの2月から一転、3月初日は穏やかな天候に。釣れそうな予感。
仕事を片付けて午後からロッド片手に地磯へ行ったら、ドスンと出ました!

ヒットルアーはK-TENブルーオーシャン シンキングワークス17…

ヒットルアーはK-TENブルーオーシャン シンキングワークス175mm
ロッドはテンリュウ パワーマスターPWM110EXH

ついに地磯から念願のモンスターサイズ、21.6キロ!
でかい!…

ついに地磯から念願のモンスターサイズ、21.6キロ!
でかい!太い!重い!

釣果情報・釣り情報

魚名 釣行日 2017.03.01
地域 東京都 釣り場 八丈島 坂上の地磯
サイズ 139cm 重さ 21.6kg
コメント 3月初日は好天で波も穏やかになってきた。
ふと、大きいヒラマサが釣れそうな予感がして、午前中で仕事を片付けいつもの地磯へ単独釣行。
14時過ぎに磯に着くと、先行者の姿は無い。
足元のサラシから斜め右方向に、くっきりとした潮目が伸びている。
ベイトの姿やナブラは確認できないが、これはいつものこと。
狙いは10キロ超の大ヒラマサ、いざ勝負!
八丈島で実績のあるシンキングミノーを選択し、潮目の向こうへフルキャスト。
潮目を横切るようにトレースする。

少しずつ磯を移動しながらキャストを繰り返すこと30分、
ルアーが潮目にさしかかったところで何かが触ったような感触。
そのままリトリーブを続けると、数秒後にドスンとヒット。
大きくあわせると約8kgに設定したドラグからギュルルッとラインが出て行く。
もの凄いトルクとパワーだ。
この磯は水深10m程度で海底は岩礁、足元にハエ根、左には岩が出ている。
余計な糸は出せない。
スプールを手で押さえて強引に止め、頭を右に向ける。
しかしこの魚、首を振らない。ヒラマサじゃないのか?何だろう?

私の今までの経験でも最強クラスの強い引き、それに重い。
何度か腰が浮きかけ、海に引きずり込まれそうになる。
2度3度とドラグを数メートル引き出されるが、何とか耐える。
頭をこちらに向け、全力で懸命にポンピングするが重くて浮いてこない。
やがてゴリっとした根ズレの感触。足元のハエ根にラインが当たっている。
ここで思い切ってベールを返し、急いで立ち位置を20mほど右へ移動。
魚はうまく沖へ出てくれた。ハエ根を回避成功。

渾身のポンピングでやっとリーダーが見えると、今度は足元へ突っ込む。
リーダーが岩に擦れているが、かまわずフロロ160LBを信じて強引に
浮かせると、海面に現れたのは巨大なヒラマサ!!でかい。
のど元と頬にフッキングしていたから首を振らなかったようだ。
空気を吸わせると、ようやく観念した様子で、磯の波にもまれている。

背中に担いでいる手製(古い投げ竿を改造)のランディングシャフトで
ギャフを打とうと試みるが、わずかに届かない。
一段下の岩に降り、膝をつき、波のタイミングにあわせてギャフを操作。
なかなかうまく行かないが、何度目かで運よく頭にギャフが掛かる。
しかし重い。上がらない。ロッドを置き、やっとの思いで磯に引き上げ、
ようやく勝利!!思わず「ヨッシャ」と声が出る。
震える手で時計を見ると、ヒットしてから20分が経過していた。
いやぁ疲れた。

釣具店で検量してもらうが、20㎏秤が振りきれてしまうので、
漁協に移動して計量。結果、21.6キログラム!
念願の20キロオーバー、遂に達成できました!!

【タックル】
ロッド:テンリュウ パワーマスターPWM110EXH
リール:シマノ 98ステラ10000H
ライン:よつあみ PEフルドラグ6号+スペーサーPE12号+リーダー デュエル フロロ160LB(40号)
ルアー:K-TENブルーオーシャン シンキングワークス175mm

この釣果を問題報告する

ハートをクリックして釣り人にエールを!×53
ハートをクリックして釣り人にエールを!
ツールバーへスキップ